香りと心の関係について

 

 

香りは心に関係あるの?

 

まずは、香りを感じる嗅覚という感覚について知りましょう。実は、脳に情報が直接伝わるもの、それが嗅覚で、脳の大脳辺緑系という部分に直接伝わります。嗅覚で感じ取った香りは眠っている間でさえ、きちんと脳に伝わるのです。

 

 

 

脳の大脳辺緑系って何?

 

大脳辺緑系は食欲や性欲、快い、不快のような人間の本能と呼ばれる部分を司ります。

その時の感情や本能に強い刺激を与えるのが香りなので、

 リラックスはもちろん、気分を良くしたり、興奮させたり、元気をつけたりと直接心や体に作用すると言われるのです。大脳辺緑系は視床下部にも作用し、自律神経を調整します。

 

 

 視床下部の自律神経って何?

 

視床下部には自律神経系の神経中枢が存在しています。その中で自律神経は呼吸器、消化器、循環器、などの活動を調整するために働いている神経のことです。交感神経や副交感神経があります。香りでリラックス出来たり、体調が良くなったりするのは、この自律神経に作用しているためと言われています。

 

 

香りと記憶の秘密

 

嗅覚で感じた香りは脳に直接伝わって、その時の感情や気分に働きかけ、

それを海馬という部分で記憶し思い出にします。

感情や気分に働きかけるということから、実は物事を見たり聞いたりするよりも、

深く心に残ることがあります。あの時のあの香りで何かを思い出したりすることがあるのは、香りと脳のこういった仕組みがあるからです。

 

 

使用する香りについて

 

Kennyで使用する香りは、エッセンシャルオイル(精油)です。 これは、天然のオイルで、鼻や果実、果実の皮、樹皮、葉、種など、植物から抽出したものです。オイル(油)と呼ばれますが、高濃度の芳香物質ですので、正式には皆さんがご存知のような「油」の一種ではありません。合成香料のポプリオイルやフレグランスオイルとは別のものになりますし、エッセンシャルオイルが心や体に働きかけるのは、天然の香りだから。体に優しい香りをぜひ味わってください。

 

 

絵から香りがする仕組みについて

 

Kennyの絵では、天然の粘土を使ってエッセンシャルオイル(精油)が楽しめるようになっています。絵画に直接香りを付ける訳ではなく、絵画の後ろに香りを染み込ませるための粘土が設置されています。香りは天然の芳香物質で揮発します。永久的に香りが持続する訳ではないので(香水を使う時を想像していただくと分かりやすいです)必要なタイミングに応じて香りをつけていただくことができます。

香りは使う精油の量にも依りますが、平均して3時間から4時間ほど優しく漂います。香りが必要ない時は、絵画だけ楽しんでいただくことが出来ます。